SERVICE

予防医療

去勢・避妊手術

去勢・避妊手術

犬の飼い主様へ

不妊手術で発症リスクの低減を!

‟オスの去勢“では精巣を、‟メスの避妊“では卵巣と子宮を取り除く、不妊手術を全身麻酔下で行います。
不妊手術を行うことで、様々な病気の発症リスクを抑えることができます。

不妊手術によって
発症リスクを下げることができる病気

オス メス

・精巣腫瘍
・前立腺肥大症
・会陰ヘルニア
・肛門周囲腺腫
など

・乳腺癌
・子宮蓄膿症
・子宮がん
・子宮内膜炎
など

不妊手術、年間実績700件!

苅谷動物病院グループでは、年間約700件の不妊手術を実施しています。

術前検査の徹底

麻酔・鎮痛薬を使用した、痛みの軽減

などの取り組みを行い、安全に施術できるよう十分な配慮を行っています。

不妊手術の料金

去勢・避妊手術
(2歳未満の場合)

入院期間の目安:日帰り~1泊2日
抜糸時期の目安:手術から10日~2週間後

動物の状態により異なります。

オスの去勢手術

10㎏未満 38,500円(税込)~
10㎏~20㎏未満 49,500円(税込)~
20㎏以上 60,500円(税込)~

メスの避妊手術

10㎏未満 49,500円(税込)~
10㎏~20㎏未満 60,500円(税込)~
20㎏以上 71,500円(税込)~

表内の手術料金には、下記の費用が含まれます。

  • ・検査料(血液、胸部レントゲン、尿)
  • ・麻酔料
  • ・入院管理費(最大翌日まで)
  • ・抗生物質、鎮痛注射
  • ・吸収糸使用料

停留精巣の場合、術式が異なるため追加料金がかかります。

別途、初診料・再診料がかかります。

掲載料金は一例です。また、料金は予告なく変更する場合がございます。

表示価格はすべて税込価格です。

2歳以上の場合の料金について

動物の状態に応じて麻酔薬などを変更・調節する必要があるため、
詳細を伺った後、個別にお見積りをさせていただきます。
お気軽に各病院にお問い合わせください。

腹腔鏡下避妊手術
(2歳未満の場合)

入院期間の目安:日帰り~1泊2日
抜糸時期の目安:手術から10日~2週間後

動物の状態により異なります。

メスの腹腔鏡下避妊手術

10㎏未満 89,100円(税込)~
10㎏~20㎏未満 100,100円(税込)~
20㎏以上 111,100円(税込)~

表内の手術料金には、下記の費用が含まれます。

  • ・検査料(血液、胸部・腹部レントゲン、尿)
  • ・麻酔料
  • ・入院管理費(最大翌日まで)
  • ・抗生物質、鎮痛注射
  • ・吸収糸使用料

別途、初診料・再診料がかかります。

掲載料金は一例です。また、料金は予告なく変更する場合がございます。

表示価格はすべて税込価格です。

2歳以上の場合の料金について

動物の状態に応じて麻酔薬などを変更・調節する必要があるため、
詳細を伺った後、個別にお見積りをさせていただきます。
お気軽に各病院にお問い合わせください。

不妊手術の適正時期は?

将来的に繁殖を希望しないのであれば、去勢も避妊も、初回発情前(生後6~7ヶ月)が目安です。この時期に不妊手術を行うことで、発情期特有の行動(マーキングなど)も効果的に抑えることができます。

成猫の場合はいつでも可能ですが、メスは発情中を避けた方が良いでしょう。

メスの避妊手術の方法は2つ!

当院では、「一般的な避妊手術」と「腹腔鏡避妊手術」の2つの方法を実施しています。

オスは一般的な去勢手術のみとなります。

★一般的な避妊手術

お腹を切開して子宮と卵巣を摘出する、最も一般的な方法です。

★腹腔鏡下避妊手術

お腹に小さな穴を3ヵ所開けて、そこからカメラと専用の器具を入れ、テレビモニター越しに行う手術です。

腹腔鏡下避妊手術の特長

傷口が小さく、開腹手術に比べ直りが早い

動物の痛みを抑え、ストレスを軽減できる

感染症のリスクを軽減できる

出血の有無を確認しやすい

卵巣・子宮以外の臓器も同時に観察できる

詳細は、獣医師が説明致します。お気軽にご相談ください!

手術の方法を解説!

手術の詳細を、下記よりご覧いただけます。

ペッツケアプラン会員様は不妊治療が割引に!

去勢・避妊手術の
ご予約・
お問い合わせ先

苅谷動物病院グループの最寄りの病院に、お電話にてお問い合わせください。

施術をご希望の場合は、ご予約のうえご来院ください。

病院マップはこちら