SERVICE

予防医療

フィラリア予防

フィラリア予防

フェレットの飼い主様へ

フェレットもかかるフィラリア症!

フィラリア症は、蚊が媒介する寄生虫感染症です。犬がかかる病気と思われがちですが、フェレットも感染することがあります。フィラリア虫体がフェレットの体に寄生すると、

咳、呼吸困難

嘔吐、食欲不振

などの症状がみられ、突然死することもあります。

フィラリア症は予防できる病気です!

フェレットのフィラリア症は診断・治療が難しいため、ペットを守るためには予防を行うことが重要です!
予防薬の投与により確実に予防を実施しましょう。

予防する期間は?

蚊の活動期間を考慮し、東京・千葉では、最低でも6~12月の7ヵ月間は予防が必要です。近年の温暖化・建物の気密性の高さなどを鑑み、当院では12ヵ月間の通年予防を推奨しています。

予防薬は2種類!

当院では、経口剤タイプと滴下剤タイプの2種類の予防薬をお取り扱いしています。 フィラリアと同時に、ノミ・マダニ・消化管内寄生虫の予防・駆虫もできるお薬となっています。

フィラリア予防薬の料金

経口剤タイプ

投与頻度: 1ヵ月に1回

  • フィラリア
  • ノミ
  • ダニ
  • 内部寄生虫
料金(1回あたり)750円
滴下剤タイプ

投与頻度: 1ヵ月に1回

  • フィラリア
  • ノミ
  • ダニ(耳ダニ)
  • 内部寄生虫
料金(1回あたり)1,650円
  • 別途、初診料・再診料がかかります。
  • 掲載料金は一例です。また、料金は予告なく変更する場合がございます。
  • 表示価格はすべて税抜き価格です。
ペッツケアプラン会員様は予防薬が20〜30%割引に!

フィラリア予防の
ご予約・
お問い合わせ先

苅谷動物病院グループの最寄りの病院に、お電話にてお問い合わせください。

施術をご希望の場合は、ご予約のうえご来院ください。

病院マップはこちら